留学のお金に関する情報を解説します-

■留学時に心配しないためにお金の管理を

留学生活に重要なもののひとつに、お金の管理があります。

学費や生活資金など、多額のお金の管理が必要となるので、上手にやりくりすることが大切です。
さまざまな管理方法があるので、メリットやデメリットを考えた上で、上手に使い分けてみるのが節約のコツであると言えます。

短期の語学留学であれば、トラベラーズチェックやクレジットカードを利用し、長期の滞在予定であれば、現地で銀行口座を開くのも便利でしょう。

クレジットカードのトラブル防止策
クレジットカード 海外では常に、クレジットカードの管理に気を付けることが、トラブル防止につながります。 万が一、クレジットカードの紛失や盗難に遭った場合は、すぐに滞在先のクレジットカード会社支店へ連絡しましょう。 また、海外でクレジットカードを使うときは、明細書が手元に届かないため、不安になるかもしれません。

多くのクレジットカード会社では、事前に登録しておけば、海外にいても明細書を確認できるサービスを行っています。
ウェブ上で確認したり、Eメールで明細書を送信しているので、不正に使用されていないか、また利用額が分かるため、お金の管理にも役立ちます。

現地口座の開設
現金長期の留学であれば現地の銀行で口座を開くと何かと便利です。

お金は日本から送金したり、小切手を両替して口座に振り込むことが可能です。渡航前に、日本で口座開設ができる銀行もあります。

海外では、銀行やATMでの引き落としのほか、スーパーやレストランでも銀行のキャッシュカードで支払いができる電子決済が一般的であるため、現金を持ち歩かなくても良いという利点があります。インターネットバンキングも盛んで、日本から口座を確認することもできます。しかし、日本の銀行から現地の口座に送金する場合は、時間と送金手数料がかかるので、注意しましょう。

また、保険に関してもしっかりと準備しておくことを推奨します。

海外の病院では多額の治療費がかかるため、海外旅行傷害保険には加入しておきましょう。滞在期間の長さや生活スタイルの違いによっても、自分に合った保険のプランは変わってくるので、それぞれのプランやサービス内容を比較してみると良いでしょう。手続きは各保険会社の窓口や代理店、またはオンラインでもできます。

保険は自分に合ったプランを 
海外で生活する上で、「保険なんてどれでも同じ」という考えは、危険です。 同じトラブルに遭遇しても、保険会社やプランの違いによって補償額や自己負担額が大きく変わってきます。 会社によってさまざまなプランがあるので、サービス内容を比較して自分の滞在目的に合ったものを選びましょう。 最近では、留学生専用の保険プランも充実しており、一般の海外旅行保険ではカバーしきれない補償にも対応するようになっています。

細かい点ですが、生活をする上でお金は非常に重要となりますのでしっかりと確認しておくようにしましょう。

一般的にいくら程度必要なのかは、こちらの留学費用ページでも紹介されています。